• ニキビ化粧水 → ニキビ化粧水~黒ニキビについて~
  • ニキビ化粧水~黒ニキビについて~

    ニキビの中でも、黒ずんでしまう黒ニキビは、顔にできてしまうと目立ってしまい、気になるという方も多いです。ニキビの原因は、毛穴に皮脂が入り込み、炎症を起こしてしまう事で起こりますが、黒ニキビは、酸化という現象が起こっています。
    ニキビ跡を消す化粧水を上手に活用!

    酸化は、皮脂が空気中の酸素と反応をする事で変化する現象です。ニキビの元になっている炎症は、目には見えないですが火傷のような状態になっており、そこに酸素が入り、皮脂が燃えかすのように黒くなってしまいます。

    皮脂だけが酸化して黒くなるだけなら、まだ良いのですが、黒ニキビの大変な所は、周辺の肌にまで影響を与えてしまう所です。周りの肌まで黒ずみが移ってしまいます。なるべく早く対処して、後に残らないようにする事が大切です。

    また、多くの方がやってしまいがちなのが、指で無理やり押しだして、黒ずんだ皮脂を取り除こうとする事です。これは取れた感じがとても気分良く、行ってしまいがちですが、肌に悪影響を与えてしまう原因です。

    無理に毛穴から押し出してしまうと、毛穴が広がってしまい、一時的には確かに黒ずみが取れるのですが、その後、更に皮脂が入り込みやすくなってしまいます。そのため、気になったり、目立ったりしてしまいますが、我慢してそのままの状態からケアをしていく事が大切です。

    もうひとつ、無理に取り除く事で良く行いがちなのが、シールのようなパックを肌に貼って、はがすと取れているというものです。これも自分で押し出すのと同様、毛穴を広げてしまいます。

    こうした事を行わずに、きれいに黒ニキビに対処していくには、黒ずみを落とす効果のある洗顔料や石鹸をつかうのがお勧めです。洗顔をする前に、電子レンジで蒸しタオルを作り、それを顔に当てておくと、毛穴が自然に広がります。

    そこから天然成分由来の洗顔料や石鹸を使って丁寧に洗っていくと、毛穴が広がって、詰まった皮脂なども取れやすくなり、黒ニキビを改善していく事ができます。丁寧に対処していく事が、黒ニキビのポイントです。

    洗顔のしすぎはニキビをできやすくする

    ニキビに効果的な予防の方法として、多くの方が行っている事に、洗顔があります。洗顔は毛穴に詰まった皮脂や汚れをきれいに洗い流してくれる効果があり、肌の環境を清潔に保ってくれます。

    ですが、その効果を期待して、一日に何度も洗顔をするのは逆効果です。とにかく洗えば良いという訳ではなく、必ず適度に行う必要があるのです。顔の肌は特に常に外気にさらされており、人の肌の中でも一番デリケートな部分なので、優しくケアする必要があるのです。

    何度も洗顔を行ってしまうと、一番良くない影響が、肌に必要な脂分まで落としてしまうという事です。肌には脂分があり、多すぎるとニキビやその他の肌のトラブルに繋がりますが、適度な量は肌のハリ、ツヤ、潤いといった、肌をきれいに見せるために必要な働きをしてくれるのです。

    洗顔を何度もすると、その度に脂分が落とされてしまい、肌が乾燥しがちになってしまいます。そのため、かさかさした乾燥肌になりやすくなります。

    肌の表面は、瓦の屋根のようなイメージで、パネルのように一枚一枚重なって、肌の表面を作っています。脂分が適度にあると、このパネルもなめらかに張り巡らされますが、乾燥してくると、パネルもぱりぱりしたイメージになり、その隙間から、水分が蒸発したり、余計な汚れや脂分が入り込み、炎症を起こす事があります。

    これがニキビの原因です。このため、必ず洗顔の回数は守り、肌に適度な脂分を残すようにしましょう。 回数としては1日2回がお勧めです。それ以上だと多くなってしまいます。洗顔をするタイミングは、朝と夜がお勧めです。

    朝は寝ている間に付いた汚れなどを落としてくれ、すっきりと一日を始める事ができますし、夜は昼間の活動で付いた汚れを落とすとともに、寝る前に清潔にしてから眠る事で、寝ている間に肌の環境が悪化する事を防ぐ事ができます。肌が清潔だと、睡眠中のダメージを受けた肌の回復も早くなるため、良い事が沢山あるのです。